コワーキングスペースと自宅兼事務所・賃貸オフィスを比べたメリット・デメリット

コワーキングスペースは、日本全国に急激に広まっているワークスペースで、さまざまな人が利用をしています。既に日本全国で600件以上のコワーキングスペースがあります。しかし、認知はあまり拡がっていませんので、コワーキングスペースという単語を初めて聞いた人もいると思います。

そんなコワーキングスペースを自宅兼事務所と比較したメリット・デメリットと賃貸オフィスと比較したメリット・デメリットをまとめてみました。

自宅兼事務所と比較したコワーキングスペースのメリット・デメリット

コワーキングスペースを自宅兼事務所を比較すると次のようなメリット・デメリットがあります。

コワーキングスペースのメリット

  • 仕事と生活のON-OFFがはっきりし、メリハリがつき、自宅特有のテレビなどの誘惑や家族に仕事を邪魔されたりすることがなくなります
  • 会議、面談等の打ち合わせスペースがあり、必要に応じて使うことができる
  • スペースを利用している他の事業者と交流したり、相談することができる
  • スペースの住所を事業利用することで自宅住所を出さずに事業ができる

コワーキングスペースのデメリット

  • 共用オフィスのため、周囲に他人がおり、自宅のように気軽に過ごすことはできなくなる
  • 会社に行くように通勤しないといけなくなる
  • 当然のことながら利用料が発生する

 

賃貸オフィスと比較したコワーキングスペースのメリット・デメリット

コワーキングスペースを賃貸オフィスと比較すると次のようなメリット・デメリットがあります。

コワーキングスペースのメリット

  • 価格が圧倒的に安い。賃貸オフィスの場合、家賃だけでなく光熱費、回線費用、複合機、事務機器などさまざまな費用が発生します。また、いつでも退会することが可能なことも費用面では大きいメリット
  • 会議、面談等で会議室を必要なときだけ利用できます。賃貸オフィスの場合、すべてのスペースを借りておく必要がある
  • 他の利用者との交流があり、孤独ではない

コワーキングスペースのデメリット

  • 常駐の社員やパートなどを複数人雇用するのは環境的に難しい
  • 共用オフィスなので他人が常にいる
  • 資料、道具などの物の保管スペースに限りがある